雨の中、傘をささずに踊る人間がいてもいい。 自由とはそういうことだ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

えるえー

Author:えるえー
仮想現実の中、廃人のように狩る人間がいてもいい。
自由とはそういうことだ!



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comment

また新MAPの登場かw

う~~~ん 自分も久しぶりに逝きたいですよ・・・

小休止に入って早1ヶ月?あと3週間の辛抱・・・
3週間・・・さんしゅう・・・かん・・・。
さn・・・・・・かn・・・。

まてるかぁ!

とりあえず、援軍メンバで何故か親分討伐をしてみたいナリ

あと、L・A~始まりの足跡~は観てないって方向でb 

別:やっぱ若さんかわいいな。
てかまろちゃんどうなった?来年の修学旅行が北海道になったのに・・・(観光だけじゃないらしいが・・・
まろちゃんがINしたら言っといてb

2006.06.30  某じぇん  編集

おぉ!

小説版キターww

いやーおもしろいですねw
俺の文章力じゃ小説みたいに
なんて書けないからな;;

更新ガンバっすb

2006.06.30  紅流穐雅  編集


連載っ、連載ですか、先生っ!!

しかし、えるえーがかっこよすぎないですか・・・[壁]д=) ジー

2006.06.30  桧  編集

連載だったのか!?w

じゃ最終的には小説化でもどうですか?
先生w

俺は連載が少し重なったらまぢめに
冊子にすることもできますよwww

2006.06.30  紅流穐雅  編集

遠征から帰ってきたえるえーです。
連続投稿のために遠征当日の朝3時に半ば寝た頭で意味不明な文章を書き綴り、保存。PCも無く、本当に携帯電話が普及しているのか疑いたくなるような電波状況の遠征先で、なんとかかんとか「圏外」じゃ無い所をを探しだし、10分もかけて携帯からこのブログを開き、自分で記事を読み返してみて、一言。「吊ってきます」ナンダコレは誤字脱字ありすぎな上に意味不明ちょっとまて後半で落としてやるからあぁしかもコメントきてるよどうしようってか読みづらいんだ句読点くらいつけろとりあえずコメント返しておきます。

>ジェンさん
新MAPは強敵揃いで被ダメ2000は避けられないところ。沸きもいいし、とりあえず武器庫につっこめるようになってから逝きましょう。
実は今えるえーは援軍にいなかったり。DD本隊で少しだけソロギルド気分を満喫しております。おかげで友録活用しまくりです。
まろやんは、DDから名前が消えていて、サーチしてもいねぇし、ブログも消えてる、ってか、マジ、わからんorz

>紅さん
コメントありがとっす!おもろいって言ってもらえると救われますわー。おぉ、メシアよ・・・。すまん、なんか今俺テンション逝っちゃってます。

>桧
マジ、俺、何考えてたんだろうか。ドラ〇もんに頼んで過去の俺を抹殺してもら(ry
後半で、こき落とす。見ててくれ。

2006.07.01  Laevateinn  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

2006.06.30

category: メイプル奮闘記

L・A~始まりの足跡~

―――――貧しい人たちは、お金持ちよりいつもいっぱいいるんだもの。どんな街にだってあるよねぇ、こういう裏町(トコ)

ふと、懐かしい言葉を思い出す。久しぶりに帰ってくる度、その言葉を思い出してしまうくらいに、カニングシティはソレを象徴していた。産業革命の煽りを受け、無計画に乱立されたビル群。案の定今は廃ビルとなり、宿無しどもの巣窟となっている。
そんな廃ビルの1つに、えるえーは足を踏み入れた。ギィ、と軋むドアを閉め鍵を掛けると、ビートル(篭手:ここでは手裏剣を投げるのを補助する道具)も外さずにベッドへと身を倒した。アルミフレームの簡素なベッドがぎしりと軋む。

「あ゙ぁ゙ー、疲れた・・・」

そのままごろりと仰向けになり、ぐっと背を伸ばす。やっぱり我が家は落ち着くなぁ、などとりとめの無いことを考えつつと腕を掲げ、ふとその瞳にビートルが写る。黒く艶やかに光るビートルと、それについた細かな傷。握り締められた手裏剣。突然スピードを失う体。世界が速さを失い、銃口と、自分の目線が合う。引き金に掛けられる、おやびんの無骨な指。そこまで思い出して、えるえーは振り払うかのように頭を振った。

―――――終わったことじゃないか

そう、任務は無事完了した。結果、自分は生きてここにいるし、おやびんの討伐も果たした。それが全てだ。うん、問題なし。そう自分に言い聞かせると、えるえーはもうそれ以上考えないようにした。熱い、熱いシャワーを浴びよう。そして、今日はもう眠ってしまおう・・・。






「ふぁ・・・ねむ」

時刻は11時。ただし、昼の。えるえーはその日、結局一睡もしなかった。色々考えた。今回の任務。アレは迅さんが来てくれなかったら確実に失敗していた。高確率で命を失っていただろう。ここはそういう世界だし、自分の実力不足に文句は言えない。
なぜ、この職を始めたのか。なぜ、ハーミットを目指したのか。なぜ、ここにいるのか。なぜ、なぜ、なぜ・・・・・。
そんなの、決まっている。闇隠長官を始め、ハクさんやわぐねぇ、はうや薔薇嬢、伊藤先輩達と、肩を並べて、背中を預けて、共に戦いたかったから。今までその一心でやってきたんじゃないか。だから、何処へでもいけるハーミットを選んだ。

「実力不足なんだよなぁ・・・」

結局のところ、そこに行き着く。装備も今はこれが精一杯。となると、後は実力の底上げを図るしかない。

「あんまり好きじゃないんだけどなぁ。訓練」

しかし、現状はそうも言ってられない。とにかく力が欲しいのだ。あの人たちの背中に追いつくために。

「なにかいい方法はないものかね・・・」

口ではそういうが、実は心当たりはあった。左手にはブラッドスレイン(篭手:ビートルより性能は劣る)。今はもう使っていないが、思い入れのある篭手だ。能力も魔法により強化が施されており、普通の物よりもはるかに強い。だが、今は必要じゃない。

「売っちまう、か」

えるえーは、小さく呟いた。

「おーい、ルー。いるかー?」

「ん?おぉ、えるえー、久しぶりじゃねぇか。どうした?」

えるえーに呼ばれて、部屋の奥から一人の男が出てきた。簡単に立場を説明すると、えるえーが借りている部屋の大家である。今は大家なんてやってはいるが、昔は「なんとかのルー」とかの二つ名までついた槍の達人だったらしい。

「んや、またしばらく空けるからなぁ。先に家賃払っておこうと思って」

「へぇ・・・。家賃を先払いだなんて、珍しいじゃねぇか」

「いいことだろ? つべこべゆーな」

ほらよ、とえるえーは無造作に封筒を放り投げる。ルーはそれを受け取るとおもむろに中身を確認し・・・ため息をついた。

「お前、この前帰ってきたばっかりだろ? 今度はどこに逝くんだよ」

「微妙にニュアンスがおかしい気もするが・・・。新大陸だよ、船でぴゅ―っと。2ヶ月分くらいあるだろ?」

「あぁー、先月と今月の分と、来月再来月分までバッチリあるな。どうしたんだ、こんな金?」

「どーだってよかろーに、金に汚いもきれいもあるわけじゃないんだから」

「ま、それもそーだ。そんで、わざわざ新大陸まで何しにいくんだ? 任務でもあるめぇし」

「それこそどーだって「いいから答えな」・・・あぁー」

まったく、これだから。ルーのなじみやすい性格や頭の柔らかい所には多大に感謝しているが、このたまに鋭いところだけは勘弁して欲しかった。これが歴戦のー、と呼ばれる者達のもつ「カン」なのだろうか。

「ちょっと早急に力が欲しいんだよ。色々あってな」

「ほほぅ、ってことは行き先はあそこか」

「わかったんなら離してくれよ」

「新大陸」で「力が欲しい」なんて言ったら、行く先は限られてくる。一端の冒険者なら誰でも知っているであろう、修行のメッカ。力をつけるのにあれほど適した土地は、そうは無い。

「まぁ、お前ほどの力があれば大丈夫だとは思うがな。だが、気は抜くなよ。あそこはちょっと特殊だからな。下手すると土地に食われちまうぞ」

「んん、わかってるよ。これでもけっこう覚悟決めてんだ、ほっとけ」

ぶっきらぼうにそういうと、えるえーは滅多に帰らないホームに背を向けた。行き先は、魔境


―――――死んだ木の森
スポンサーサイト

comment

また新MAPの登場かw

う~~~ん 自分も久しぶりに逝きたいですよ・・・

小休止に入って早1ヶ月?あと3週間の辛抱・・・
3週間・・・さんしゅう・・・かん・・・。
さn・・・・・・かn・・・。

まてるかぁ!

とりあえず、援軍メンバで何故か親分討伐をしてみたいナリ

あと、L・A~始まりの足跡~は観てないって方向でb 

別:やっぱ若さんかわいいな。
てかまろちゃんどうなった?来年の修学旅行が北海道になったのに・・・(観光だけじゃないらしいが・・・
まろちゃんがINしたら言っといてb

2006.06.30  某じぇん  編集

おぉ!

小説版キターww

いやーおもしろいですねw
俺の文章力じゃ小説みたいに
なんて書けないからな;;

更新ガンバっすb

2006.06.30  紅流穐雅  編集


連載っ、連載ですか、先生っ!!

しかし、えるえーがかっこよすぎないですか・・・[壁]д=) ジー

2006.06.30  桧  編集

連載だったのか!?w

じゃ最終的には小説化でもどうですか?
先生w

俺は連載が少し重なったらまぢめに
冊子にすることもできますよwww

2006.06.30  紅流穐雅  編集

遠征から帰ってきたえるえーです。
連続投稿のために遠征当日の朝3時に半ば寝た頭で意味不明な文章を書き綴り、保存。PCも無く、本当に携帯電話が普及しているのか疑いたくなるような電波状況の遠征先で、なんとかかんとか「圏外」じゃ無い所をを探しだし、10分もかけて携帯からこのブログを開き、自分で記事を読み返してみて、一言。「吊ってきます」ナンダコレは誤字脱字ありすぎな上に意味不明ちょっとまて後半で落としてやるからあぁしかもコメントきてるよどうしようってか読みづらいんだ句読点くらいつけろとりあえずコメント返しておきます。

>ジェンさん
新MAPは強敵揃いで被ダメ2000は避けられないところ。沸きもいいし、とりあえず武器庫につっこめるようになってから逝きましょう。
実は今えるえーは援軍にいなかったり。DD本隊で少しだけソロギルド気分を満喫しております。おかげで友録活用しまくりです。
まろやんは、DDから名前が消えていて、サーチしてもいねぇし、ブログも消えてる、ってか、マジ、わからんorz

>紅さん
コメントありがとっす!おもろいって言ってもらえると救われますわー。おぉ、メシアよ・・・。すまん、なんか今俺テンション逝っちゃってます。

>桧
マジ、俺、何考えてたんだろうか。ドラ〇もんに頼んで過去の俺を抹殺してもら(ry
後半で、こき落とす。見ててくれ。

2006.07.01  Laevateinn  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

Copyright ©えるえーさん奮闘記. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。