雨の中、傘をささずに踊る人間がいてもいい。 自由とはそういうことだ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

えるえー

Author:えるえー
仮想現実の中、廃人のように狩る人間がいてもいい。
自由とはそういうことだ!



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comment

v-79下線の文下線の文斜体の文太字の文斜体の文下線の文打ち消しの文

2006.07.19  オタッキー  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

2006.07.19

category: メイプル奮闘記

ジャコモ×ジャコモ

にんたい1.

ジャクムクエスト第二段階・忍耐・・・。メイプルストーリー最凶と謳われる忍耐である。

ことの始まりは、桧斗枝と藤田玄白の「忍耐、もうやったよ?」「まだやってないえるえーは負け組み?」という発言。くやしい。そこまで言うならやってやるさ。忍耐嫌いだけど。







みにまっぷ1

MAP。横に長くて、ミニMAPじゃ全部見れない。藤田玄白には先行してもらっているのだが、まさかコレだけ被ダメの大きい忍耐だったとは。薬不足が懸念される。後発隊の桧斗枝にデリバリーを頼む。







ちょろいな

なんとか第一段階クリア。ちなみにデリバリーは無事(?)に届いた。

ぴょんぴょんと軽快に飛び石を渡ってくる桧斗枝。その技術は流石といわざるを得ないだろう。やっと注文していた薬が届く。ほっと一息つく。目の前まで来た桧斗枝。しかし、その手には皮のハンドバッグ一つ。とても大量の薬が入っているとは思えない

「ちょっとまってねー」

桧斗枝はそう言うと、ハンドバッグを開いた。中から薄い仕切りのようなものが出てくる。どうやって使うのだろう。彼女は狭い足場もなんのその、俺との間に仕切りをおいた。薄くシェルットが見える。そして彼女はおもむろに・・・頭のバケツを外した。そしてバケツをさかさまにすると、中から何かを取り出す。素早くバケツをかぶりなおし、彼女は仕切りを取り払った。

「はい。お待ちどうさま」

そこには注文していた、「塩ラーメン100個」が悠然と姿を現していた・・・。




ちなみに、ぼったくられた。ちくしょう。バケツを投げ捨ててやった。ざまぁみさらせ。




みにまっぷ2

そして第二区域。トーテムポールがひしめき合っている。クッパ城を彷彿させる造りだ。流石、わかっているな、デザイナー。







トーテム

プライベートスペースを発見した。フィット感がステキだ。しかし、がうむの視線が痛い。しぶしぶ立ち去る。







にんたい3

ここで、3回は、落ちた。ちくしょう。だれだこんなの造ったやつは。いつか合いに行ってやる、と決意した。ジャクムに。







にんたい2.

ついにクリア。所要時間は1時間かかっていないと思う。被ダメは大きかったが、カニングの方がよほど難しかった。みなさんも、ぜひお試しあれ。




それではではノ
スポンサーサイト

comment

v-79下線の文下線の文斜体の文太字の文斜体の文下線の文打ち消しの文

2006.07.19  オタッキー  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

Copyright ©えるえーさん奮闘記. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。